タグ:ウェザリング ( 1 ) タグの人気記事

マーダー塗装開始!。

f0126683_17495153.jpg

さて、長らく放置のこのブログですが、
今回、およそ半年ぶりに新規記事をアップさせていただきます。
ときどき、こうして、ふと思い出したようにアップしますので、
ご覧をいただければ、うれしく思います。
(気まぐれでスミマセン)

さて、今回のお題は、タミヤ1/48のマーダーです。
このマーダー、かつて当ブログで、少しだけ取り上げたことがあるのですが、
こちらもずっと放置状態になっていました。
(なかなか仕事が忙しくて、模型の組み立て、塗装がままなりません)

先日、押し入れに入ったままのこのマーダーを久しぶりに取り出し、
塗装をしてみることにしました。
このブログで、AFV模型を塗装する記事は、初めてかもしれません。

サーフェーサーはすでに吹いてありましたので、今回は、
ガイアノーツのドゥンケルグラウをそのまま吹いていくことにしました。
本来であれば、ここで、プラの薄い箇所はシルバーを吹くのですが、
今回は、濃いグレーの車体色になるということで、
そのまま、塗ってしまいました。

怠慢ですが、とくに光透けは感じません。
ドゥンケルグラウであれば、神経質になって、
シルバーを吹くこともないかもしれません。

その後、明度を上げたグレーを車体上面や出っ張っている箇所に吹き、
足回りには、サンディブラウンを混ぜたグレーを吹いていきます。
このエアブラシによる吹き付け段階で、可能な限り、砂埃汚れや、
立体感などもつけておきます。

昨今の模型雑誌では、フェーディングとかドッティングとか、
よくわからない技法が載っているようですが、
(ここ数年は、模型雑誌もまったく買わなくなってしまいました)
そのような技法には目もくれず、自分の感性だけで、
作業を進めていきます。

模型雑誌を読んで技法を研究するより、
どんな雰囲気にしたいのか、完成をイメーシしておくほうが、
大事ではないかと、個人的には思います。

一連のエアブラシ作業をすませたあとは、
アクリル絵の具の「リキテックス」で細部を描き起こしていきます。

模型製作でリキテックスが使われることはほとんどなく、
私も、この画材が模型製作に合っているとは思っていません。
ですが、慣れた画材ですし、比較的豊富に色数が揃っているので、
使ってみました。

その後は、パステルによる作業に入ります。
いまでは、ピグメントという材料をよく使うようですが、
そのようなものは我が家にはないので、パステルの出番となります。

f0126683_17535229.jpg

使うパステルは「ゴンドラ」のものと「ヌーベル」のもの。
とくにゴンドラのパステルは、柔らかくて粉末状にしやすく、
ウェザリング作業にとても向いていると思います。

まずはゴンドラのパステルを紙の上でこすって粉を出し、
それを、アクリル溶剤をつけた筆でとって、車体に塗っていきます。

パステルは適度に混ぜて使用しますが、
気をつけなくてはならないのは、単に色の明度だけでなく、
パステル粉は、乾くと微妙に色味も変わってくる場合もあるので、
慎重に様子をみながら塗布していきます。

まずは足回りからはじめ、車体の上へと作業を進めていきます。
キャタピラは、グンゼのラッカー系塗料のレッドブラウンで塗装し、
その後、パステル粉を塗り付けていきます。
乾燥後、設置面のパステルを落としていきます。

f0126683_1811353.jpg

排気管の錆表現もパステルでことたりてしまいました。
ただ、排気管先端のオイル染みは、アクリルのスモークで表現しています。

このパステルによって、いろいろな表情をつけることができると思います。
パステルワークを極めれば、おそらく、あらゆる汚れを、再現可能かもしれません。

模型雑誌の記事にとらわれて、新しい技法に目がいきがちかもしれませんが、
そのような技法主義をひとまず置いといて、
自由に塗ってみるのも、いいかもしれません。

f0126683_1817234.jpg

さて、このマーダーのウェザリングはまだまだ続きます。
(なにしろ、いまだ半分程度しか作業は進んでいませんし)

その経過は、このブログで、追って報告していきたいと思います。
[PR]
by noba-kentaro | 2012-01-04 18:24 | 模型