コカ・コーラ/鈴鹿8耐プレミアムボックス

f0126683_22513591.jpg

今日の午後、電話料金をサークルKサンクスに支払いにいったら、
レジのすぐ真向かいに、コカ・コーラ 鈴鹿8耐 Premium Box、なるモノを、
見つけました。
ボックス入りのコカコーラの脇には、バイクのミニチュアが付いています。

f0126683_2252229.jpg

なにしろこの商品、サークルKサンクス限定ということですから
付属のバイクのミニチュアは、やっぱり、京商製?!。
…と、思い、さっそく購入してみました。
(といっても、私は、8耐のことは、何にも知らないんですけど)

f0126683_22525635.jpg

残念ながら、ミニチュアは京商製のものではありませんでしたが、
なかなかよくできています。
スケールは1/24。素材はダイキャスト、プラスチックが主で、
タイヤはゴムでできています。

f0126683_2253312.jpg

チェーンなんかもこの通り。
また、前輪のブレーキローターはエッチングパーツで、
繊細な出来です。

今月は、京商の8耐バイクシリーズが、サークルKサンクスから、
発売されますね。

というわけで、しばらく、サークルKサンクス通いが続きそうです。
[PR]
# by noba-kentaro | 2007-07-19 22:56 | オモチャ

シルバリング対策

f0126683_2253780.jpg

久しぶりの更新ですネ。
じつは、1/48 カーゴトラックの塗装作業は、
先日購入したスコープドッグ製作に邪魔されて、進んでいませんでした。
(次回は、そのスコープドッグの進捗状況をアップします)

で、昨日から、久しぶりに、トラックを引っ張りだしてきて、
デカール貼りにいそしみました。

デカール貼りで問題となるのは、シルバリングです。
このシルバリングが起こってしまうと、
「模型」が、「プラモデル」になってしまうように思います。

しかも、ミリタリーモデルは、つや消し塗装を行うため、
なおさら、シルバリングが出やすいです。

この対策として、私がとる方法は…。

単にデカールの余白ニス部分を、可能な限り、できるかぎり、カットすることです。
(原始的な方法ですが)

といっても、細かい文字の部分は、余白をカットしても、限界があります。
どうしても、ニス部分が残ってしまいます。
このニス部分が、シルバリングを起こす危険性があります。
今回、その対策として、マークセッターやマークソフタ−を使ってみました。
これらを使って、デカールをなじませれば、シルバリングは防げるかもしれません。

で、まずは、ニス部分を極力カットするわけですが…。
ボンネットにつく円形の国籍マークの、余白部分をきれいにカットすることは、
なかなか難しい。

f0126683_225446.jpg

というわけで、サークルカッターを用いて、国籍マークのニス部分を、
カットしました。

そして、貼付け。

f0126683_2255532.jpg

マークセッターはなかなかすぐれもので、シルバリングを、
起こすことなくすみました。ホッとしました。

まあ、余白ニス部分を、極力カットしたことも、
シルバリング発生を防ぐことに、大いに貢献したはずです。
(ただ、余白部分をカットしたデカールは、モノによっては、すごく張りにくくなります)

さて、このあと、タイヤを塗り、地道なウェザリング作業に入ります。
(最終的には、ディオラマにする予定です)


f0126683_2255521.jpg

[PR]
# by noba-kentaro | 2007-07-14 23:01 | 模型

中京AFVの会に行きがてら…。

f0126683_21564546.jpg

去る6月24日の日曜日、名古屋で開かれていた「中京AFVの会」に行ってきました。
とはいえ、この日はあいにくの雨。
名古屋までは雨の中のドライブになりました。
(画像は雨に濡れる名古屋の街です)

で、会場に着くと、場内は熱気で溢れていました。
また、テーブルの上には、力作がずらりと並んでいます。

ところが私は、今回も、持ち込み作品ナシの状態で、
はなはださみしい限り…。

次回こそは、いま作っているカーゴトラックをジオラマにして、
持ち込みたい、と、思っています。
と、思いつつ、一年はあっという間に過ぎてしまうのでした.
(会場の画像がなくて、すみません)

さて、私は、AFVの会を午前中だけ参加し、午後からは、
名古屋市美術館にダリ展を見に行ったのですが、なんと、美術館前は、
長蛇の列。しかも、激しい雨。
というわけで、ダリ展見物を諦め、次に、ロフトへショッピングに。

f0126683_2131457.jpg

そして、ここで、買っちゃいました。
1/20バンダイ「スコープドッグ」です。
買ったのはロフトに入っている家電量販店でしたが、かなりのディスカウント。
得した気分でした。

ネットなどでは、「足が長過ぎる」「細身にすぎる」といった声もでている、
この製品ですが、私も、まったく同感です。
スコープドッグは、もっとどっしりとした体型のほうが、好みです。

ですが、このバンダイ版スコープドッグは、細身で「最適化」されているので、
安易にプロポーションをいじると、バランスが崩れてしまうように思います。
なので、とりあえず、基本プロポーションをいじらずに、ということで、
製作できれば、と、思っています。

f0126683_21323450.jpg

ちなみに、今、マシンガンだけ組んでみました。
戦車モデラーなので、なんだか、バンダイのプラの材質や組み立て説明図などに、
違和感を感じてしまいます。

f0126683_21332162.jpg

[PR]
# by noba-kentaro | 2007-06-27 21:48 | ボトムズ

カーゴトラック/基本塗装終了

本体の組立を終わって、いよいよ塗装に入ります。
私にとって、塗装こそが、模型を作る上で、もっとも重要で、
楽しい作業です。

このキットのウインドウグラスは、窓枠とガラス部分が、一体パーツです。
まあ、1/48ですから、一体パーツ化されるのはいたしかたないですが、
塗装するさいには、キチンとマスキングして塗らないと、
模型を台無しになってしまいます。

さて、マスキングの方法ですが、
最初は、ウインドウグラス部分にマスキングテープを貼って、
切り抜こうかとおもっていましたが、もっといい方法が!。

f0126683_19425660.jpg

キットの説明書には1/48スケールの塗装解説図面が載っています。
この図面のうえに直接マスキングテープを張り付け、
ウインドウグラス部分をカットします。

f0126683_19435834.jpg

そして、カットしたテープを、部品に張り付けます。
こうすることによって、部品にカッターを入れることなく、ガラス部分を、
きっちり覆うことができました。

f0126683_19444288.jpg

そして、エアブラシで塗装。うまくいきました。

車体の塗装は単色なのですが、いくつかの色を調合して吹き付けてあります。
まず、基本は、オリーブドラブ。
クレオスのラッカー系塗料を吹き付けます。
そのあと、オリーブドラブに、つや消し白、ダークグリーン、サンディブラウン、
の各色を少しずつ混ぜたものを、ボンネットなどの上面に吹き付けます。
こうして、オリーブドラブの褪色を表現しつつ、単調な単色塗装に変化をつけます。
奥まったところは、最初のオリーブドラブが残るよう、丹念に塗っていきます。

f0126683_19452198.jpg

でも、この段階で色の差をあまりつけすぎると、不自然になるので、
控えめに作業します。
写真だと、色の違いがあまりわからないかもしれません。
(しかも、写真は、実際の塗装色より、緑系が強く見えてしまいます)

その後、サンディブラウンを足回りに吹き付けます。

このあと、ウェザリングに入ります!。
[PR]
# by noba-kentaro | 2007-06-21 20:04 | 模型

黒い瞬間接着剤

f0126683_22211212.jpg

チマチマと、のろのろと、製作が進むカーゴトラックですが…。
ようやく、荷台の組立が終了しました。

キャビンはすんなり組み上がりましたが、荷台を取り囲む壁面となるパーツは、
突き出しピンの跡がたくさんあり、なおかつ、ヒケもけっこう出ています。

f0126683_22214864.jpg

荷台に荷物を載せちゃえば、ピン跡もヒケも、隠せるんですが、
荷物のすきまからこれらが見えちゃうのもみっともないので、
丁寧に埋めることにしました。

f0126683_22222696.jpg

今回、突き出しピン跡を埋めるのに使ったのが、
この黒い瞬間接着剤。
硬化時間が早く、適度な硬さもあるため、作業がしやすいです。

ただ、粘性が高いので、微妙なヒケを埋めるのには、向いていません。
ヒケの処理には、タミヤのパテを使いました。

そろそろ組立を終了して、塗装に入りたいところです。
(が、また、作業が止まるかも)

f0126683_22225761.jpg

[PR]
# by noba-kentaro | 2007-06-13 22:30 | 模型

さすがタミヤ

f0126683_19435777.jpg

1/48の6×6カーゴトラック製作記その2です。
足回りを組んだ後は、キャビンの製作に入ります。

キャビンは、1/35と同じオープンタイプです。
(私としては、クローズドキャビンのほうが好きなんですが…)
この部分の基本形状は、
左右のエンジンフード部分、ボンネット、ラジエータ、
座席の背面にあたる部分、ラジエーターグリル、フェンダー、から、
成り立っています。

これらのパーツを組み上げていくわけですが…。

f0126683_19444518.jpg

さすがタミヤ。
各々のパーツが、ピッタリと合います。
すごい精度。
気持ちがいいくらい決まります。
(シートは、塗装後に取り付ける予定です)

f0126683_19452594.jpg

基本的に、このトラックは素組で行きます。
組んだ後は、塗装にこだわってみるつもりです。

さて、このあとは、荷台部分の製作にうつります。
f0126683_1946077.jpg

[PR]
# by noba-kentaro | 2007-06-06 19:50 | 模型

タミヤ1/48 6×6 カーゴトラック購入

f0126683_13114012.jpg

先日の日曜、長野県の松本市に行ったおり、
タミヤの1/48カーゴトラックを買ってきました。

この製品、いうまでもなく、すでに1/35で製品化されているものです。
(私は、1/35版の同製品も購入していますが、まだ未完成…)
たとえ同じアイテムでも、1/48にスケールダウンすると、
なんだか、密度感が増すように感じます。
また、過度なまでにディテールが追求される1/35に比べると、
1/48ミリタリーシリーズは、手軽に楽しめるようにも、思います。

さて、キットは、
1/48の特徴となっているダイキャスト製シャーシーが使われています。
賛否両論あるダイキャスト製シャーシーですが、
完成品を販売する場合、この重量感は、大きなアピール点になると思います。
ですが、やはり、ダイキャストは、
プラスチックほどの精度は出せないようにも思います。

以前、1/48のティーガーを組んだとき、ほんのわずかながら、
キャタピラが接地しない、ということがありました。
ダイキャストが、微妙に変形しているのかもしれません。
こういうとき、素材がダイキャストだと、対処のしようがありません。
(結局、このときは、ホイルの軸穴を広げるなどして対処しましたが)

…てなことは置いといて、話を、カーゴトラックに戻します。

車体下面は、適度に省略されつつも、全輪駆動の構造を、巧みに立体化してあります。
組みやすさも申し分なく、さすがタミヤです。

f0126683_13121697.jpg

f0126683_13131112.jpg

f0126683_13153311.jpg

デフケースを、ネジでダイキャストシャーシーに固定するようになっています。
強度的には充分な強さがありますね。

1/35で見慣れていたカタチが、1/48になることで、
非常に新鮮味があります。

次回は、キャビンの組付けに入ります。
[PR]
# by noba-kentaro | 2007-06-05 13:19 | 模型

ビッグキャリー、買っちゃいました。

f0126683_2105071.jpg

アクティックギアのビッグアイテム、
ATトランスポーター「ビッグキャリー」を、ゲットしました。
(アマゾンで35%オフでした)

このトランスポーターは、アーマードトルーパー(AT)を運ぶ運搬車で、
さながら、M25ドラゴンワゴン的存在です。

このビッグキャリーには、降着姿勢のATを四機、搭載できると、
説明書には記してあります。

f0126683_2113610.jpg

f0126683_212879.jpg

さて、肝心のキャリー本体ですが、ドアや天蓋ハッチが開くほか、
前輪二輪のステアリングが連動して切れるなど、プレイバリューが高いです。
(スミマセン。まだ、バックミラーを取り付けてなかったです)
基本的に無塗装ですが、一部、マーキング部分などが、塗装されています。

しかも、車体左右にある壁面状構造物が、回転可動し、
ATを地面に下ろすためのスロープになります。

f0126683_2125979.jpg

また、この製品には、AT(スコープドッグ・ターボカスタム)も一機付属します。

これで、ウチにあるアクティックギアのスコープドッグ・ターボカスタムは、
二機になりました。

f0126683_2133286.jpg

二機並べると、なかなかかっこいいです。
人型戦車という雰囲気ですね。

さて、バンダイのスコープドッグが、楽しみです。

それにしても、ここのところ、このブログは、
ボトムズネタばかりですネ。

そろそろ、また、MINIネタや、戦車ネタも、書かなくては…。
[PR]
# by noba-kentaro | 2007-05-24 21:14 | ボトムズ

スコープドッグ百花繚乱

f0126683_2314617.jpg

バンダイ版の1/20スコープドッグが、某サイトで、発表されていました。
無塗装のモックアップではなく、塗装された、完成品です。

そのスコープドッグを見た感想は…。

やっぱり、けっこうスマート…。なんだか、ヒーローロボット体型です。
まあ、ガンダムの製品化で、長年にわたり研鑽を積んだバンダイのことですから、
それなりに、格好よくまとまっているのですが…。

とはいえ、私のイメージでは、スコープドッグと言えば、
ズングリムックリとした人型戦車、なのです。
バンダイ版は、ちょっと細すぎやしないかなあ…。

それに、バンダイのキットを見て、いまさらながらに、
旧タカラの1/24キットが、いかによく出来ていたか、それを、再認識させられました。

旧タカラのキットには、アニメーションの設定画にはない、
オリジナルのディティールがモールドされていました。
これが、じつに、センスがよかった。
このディティールは、やまと製の1/12スコープドッグにも、継承されていました。

今回、バンダイは、ボルトオンでキットを組み立てるなどの、
工夫をしていますが、ことディティールについて言えば、あきらかに、
旧タカラのキットのほうが、勝っているように思います。
(このあたりは、個人の好みの問題もありますから、一概にはいえませんが)

ただ、バンダイ版は、レンズの質感や、関節の可動、頭部の形状など、
最新のキットだけに、かなり煮詰められているようにも見受けます。

とくに、頭部は、いままでのスコープドッグのキット(玩具も含め)のなかで、
いちばんいい出来のように思います。

旧タカラのキットは、頭部が扁平過ぎました。
ウェーブの頭部パーツは、タカラのそれよりも丸みがあり、
かなりいいカンジだったのですが、バイザーを側面から見ると、丸みがありすぎて、
ちょっとイメージと違いました。
(ウェーブの頭部に旧タカラのバイザーを強引に使った作例をよくみました)

やまとの1/12は、バイザーの高さがありすぎるように思えますし、
35MAXは、ズバリ、頭でかすぎです。

このようなお椀型の造形って、けっこう、再現が難しいのでしょうね。

その昔、タミヤが、1/35のT62戦車を発売したとき、お椀型の砲塔の形状について、
実車とイメージが違うということが、模型誌などで話題になりました。

実車があるものでさえ再現が難しいのですから、
アニメーションのなかに登場するモノを、
みなが満足するかたちで再現するのは、ほぼ不可能ですネ。

バンダイの開発者も、スコープドッグの頭部の形状把握には、
苦労したのかもしれません。

いずれにしろ、昨今、スコープドッグがこんなにたくさん製品化されて、
うれしいかぎりです。
バンダイ製スコープドッグの発売も、ホントに待ち遠しいです。
(画像は、先日買った、ウェーブの1/24スコープッドッグ・ターボカスタムです)
[PR]
# by noba-kentaro | 2007-05-17 23:07 | ボトムズ

アクティックギア スコープドッグ・ターボカスタム

f0126683_1874441.jpg

つ…、ついに、アクティックギアのスコープドッグ・ターボカスタム、
買っちゃいました。

アクティックギアを買うのは、今回がはじめて。

ほんとうは、ノーマルのスコープドッグから買うのが正攻法かもしれませんが、
私がスコープドッグの中でいちばんカッコいいと思っている、
ターボカスタムに、まず、白羽の矢を建てました。

セット内容はスコープドッグ本体、マシンガン、背嚢、
オプション武装、などなどです。
もちろん、登場者(キリコ)の座りポーズフィギュアも付属しています。

f0126683_1884437.jpg
f0126683_1892661.jpg

スコープドッグのプロポーションはちょっと細身。
頭部やバイザーの形状も、ちょっと不満はありますが、
このスケールでは、充分に、及第点はあげられると思います。

そして、膠着ポーズもそれなりにとることができ、なおかつ、
臑に格納されたターボカスタム特有のノズルも、引き出すことができます。

手首の差し替えが硬くて苦労したこと、遊んでいると、
肩のアーマーがポロリととれてしまうこと、などなど、不満もありますが、
全体として、満足度の高い商品でした。

これがあると、やはり、トレーラーがほしいです。

今後は、バンダイが発売するという1/20スコープドッグに、
期待をよせるばかりです。
(ただ、このバンダイ製のものは、またしても、ちょっと細身ですネ)
[PR]
# by noba-kentaro | 2007-05-16 18:11 | ボトムズ