<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

タミヤ 1/35 BT-7 / 組立上の注意点

f0126683_17175733.jpg

またまた、ものすごく久しぶりの更新です。
というか、このブログの存在を半ば忘れていました。
でも、今回も、前回同様、きまぐれにフラッと記事をアップします。

さて、去年のコトになりますが、タミヤからBT戦車が発売されました。
(かな〜りネタが古いですね。すみません)

それまで、BTといえば、プロポーションのよいキットはあるものの、
いかんせん組みにくいということで、決定版の登場が待たれていたのですが、
ついに、というべきか、タミヤから登場することとなりました。

BTは、ノモンハン事件のさい、大量に投入され、
関東軍将兵を苦しめたといわれており、いわば日本人にとって、
因縁深い戦車ともいえるかもしれません。
(ただ、関東軍の速射砲も、多数のBTを撃破したようです)

そんなわけで、私も、早々にタミヤ製BTを購入したのですが、
いかんせん、仕事などで時間がとれず、なかなか、組み立てに至りませんでした。
といいつつも、牛歩のペースながら、チマチマと作業してました。

f0126683_17511538.jpg

車体はタミヤにしては珍しく、箱組方式となっています。
すでにさまざまな雑誌や模型ブログなどで紹介されていますが、
箱組といえども、合いは良好です。

f0126683_1752034.jpg

ですが、良好だからといって、スパスパと慌てて組んではいけないようです。
入念な仮組みをしないと、上面板と左右前面の装甲板とが接する隙間が、
完全に均一にならなくなります。
かくいう私は、慌てて組んでしっかり後悔。
上面板と側面装甲の隙間が均一にならず、結局、エバーグリーンのプラ材を
上面板のふちに貼ってペーパー掛けするなど、
よけいな苦労を背負い込んでしまいました。
トホホです。
これからBTをお作りになる方は、ぜひ、気をつけてください。

f0126683_17383626.jpg

リアのエッチングは専用の加工工具がついており、加工も簡単。
こうした組み立て作業に対する配慮は、すばらしいですね。

そして、キャタピラ。
部分連結式なのですが、こいつがちょっとやっかい。
まずは、押し出しピンの跡が、キャタピラの裏にしっかり残っています。
パテ埋めするにもペーパーがかけづらく、なにより面倒ですね。

しかも、それぞれのキャタピラの合いが、場合によってはキツく(固く)、
ここでも、入念な擦り合わせが必要なようです。

f0126683_17213642.jpg

どうも私はこの部分連結が苦手です。
というわけで、今回は、この部分連結を、あらかじめ、一本につないでおいて、
一気呵成に組み上げてみることにしました。

f0126683_17332172.jpg

キャタピラの合いがどうしてもキツい場合は、
連結部分のリベット状のモールドを、削り飛ばします。
(それでもキツい場合があるんですが)
とにかく、連結部を奥までキッチリ入れ込みます。
(でないと、キャタピラが長くなってしまいます)

また、キツいだけでなく、ヘタをすると、
斜めに連結されてしまうこともあるので、
ここでも、借り組みと調整を繰り返します。

キャタピラを定規に当て、まっすぐにしたら、一気に、流し込み接着剤を、
連結部分につけます。
あまりつけるとモールドが甘くなるので慎重に…。

そして、5分放置。放置時間はもう少し短くてもいいかもしれません。
5分以上放置すると、巻き付けづらくなると思います。
そのあとは、一気にホイルに巻き付けます。

f0126683_17354984.jpg

というわけで、なんとか、うまくできました。

それにしても、このキャタピラ、滑り止めもなく、
悪路走破性に問題がありそうな気がしますが…。

f0126683_17475450.jpg

このBT戦車は、古い戦車ゆえ、意外とぞんざいなデザインです。
(少なくとも私の目には、そう見えます)
ですが、組んでみると、なかなかカッコいい。

このあとは、光透け対策としてシルバーを吹いて、基本塗装に入ります。

そういえば、シルバーのサーフェイサーがガイアノーツから発売されたんですね。
このあたりでは売っていないのですが、今度、
富山か名古屋にいったさいに、買ってきたいと思います。
(すると、それまで、また作業は中断を余儀なくされるのかも…)

まあ、気長にいきます。
[PR]
by noba-kentaro | 2011-06-08 18:05 | 模型