カテゴリ:模型( 16 )

マーダー塗装開始!。

f0126683_17495153.jpg

さて、長らく放置のこのブログですが、
今回、およそ半年ぶりに新規記事をアップさせていただきます。
ときどき、こうして、ふと思い出したようにアップしますので、
ご覧をいただければ、うれしく思います。
(気まぐれでスミマセン)

さて、今回のお題は、タミヤ1/48のマーダーです。
このマーダー、かつて当ブログで、少しだけ取り上げたことがあるのですが、
こちらもずっと放置状態になっていました。
(なかなか仕事が忙しくて、模型の組み立て、塗装がままなりません)

先日、押し入れに入ったままのこのマーダーを久しぶりに取り出し、
塗装をしてみることにしました。
このブログで、AFV模型を塗装する記事は、初めてかもしれません。

サーフェーサーはすでに吹いてありましたので、今回は、
ガイアノーツのドゥンケルグラウをそのまま吹いていくことにしました。
本来であれば、ここで、プラの薄い箇所はシルバーを吹くのですが、
今回は、濃いグレーの車体色になるということで、
そのまま、塗ってしまいました。

怠慢ですが、とくに光透けは感じません。
ドゥンケルグラウであれば、神経質になって、
シルバーを吹くこともないかもしれません。

その後、明度を上げたグレーを車体上面や出っ張っている箇所に吹き、
足回りには、サンディブラウンを混ぜたグレーを吹いていきます。
このエアブラシによる吹き付け段階で、可能な限り、砂埃汚れや、
立体感などもつけておきます。

昨今の模型雑誌では、フェーディングとかドッティングとか、
よくわからない技法が載っているようですが、
(ここ数年は、模型雑誌もまったく買わなくなってしまいました)
そのような技法には目もくれず、自分の感性だけで、
作業を進めていきます。

模型雑誌を読んで技法を研究するより、
どんな雰囲気にしたいのか、完成をイメーシしておくほうが、
大事ではないかと、個人的には思います。

一連のエアブラシ作業をすませたあとは、
アクリル絵の具の「リキテックス」で細部を描き起こしていきます。

模型製作でリキテックスが使われることはほとんどなく、
私も、この画材が模型製作に合っているとは思っていません。
ですが、慣れた画材ですし、比較的豊富に色数が揃っているので、
使ってみました。

その後は、パステルによる作業に入ります。
いまでは、ピグメントという材料をよく使うようですが、
そのようなものは我が家にはないので、パステルの出番となります。

f0126683_17535229.jpg

使うパステルは「ゴンドラ」のものと「ヌーベル」のもの。
とくにゴンドラのパステルは、柔らかくて粉末状にしやすく、
ウェザリング作業にとても向いていると思います。

まずはゴンドラのパステルを紙の上でこすって粉を出し、
それを、アクリル溶剤をつけた筆でとって、車体に塗っていきます。

パステルは適度に混ぜて使用しますが、
気をつけなくてはならないのは、単に色の明度だけでなく、
パステル粉は、乾くと微妙に色味も変わってくる場合もあるので、
慎重に様子をみながら塗布していきます。

まずは足回りからはじめ、車体の上へと作業を進めていきます。
キャタピラは、グンゼのラッカー系塗料のレッドブラウンで塗装し、
その後、パステル粉を塗り付けていきます。
乾燥後、設置面のパステルを落としていきます。

f0126683_1811353.jpg

排気管の錆表現もパステルでことたりてしまいました。
ただ、排気管先端のオイル染みは、アクリルのスモークで表現しています。

このパステルによって、いろいろな表情をつけることができると思います。
パステルワークを極めれば、おそらく、あらゆる汚れを、再現可能かもしれません。

模型雑誌の記事にとらわれて、新しい技法に目がいきがちかもしれませんが、
そのような技法主義をひとまず置いといて、
自由に塗ってみるのも、いいかもしれません。

f0126683_1817234.jpg

さて、このマーダーのウェザリングはまだまだ続きます。
(なにしろ、いまだ半分程度しか作業は進んでいませんし)

その経過は、このブログで、追って報告していきたいと思います。
[PR]
by noba-kentaro | 2012-01-04 18:24 | 模型

タミヤ 1/35 BT-7 / 組立上の注意点

f0126683_17175733.jpg

またまた、ものすごく久しぶりの更新です。
というか、このブログの存在を半ば忘れていました。
でも、今回も、前回同様、きまぐれにフラッと記事をアップします。

さて、去年のコトになりますが、タミヤからBT戦車が発売されました。
(かな〜りネタが古いですね。すみません)

それまで、BTといえば、プロポーションのよいキットはあるものの、
いかんせん組みにくいということで、決定版の登場が待たれていたのですが、
ついに、というべきか、タミヤから登場することとなりました。

BTは、ノモンハン事件のさい、大量に投入され、
関東軍将兵を苦しめたといわれており、いわば日本人にとって、
因縁深い戦車ともいえるかもしれません。
(ただ、関東軍の速射砲も、多数のBTを撃破したようです)

そんなわけで、私も、早々にタミヤ製BTを購入したのですが、
いかんせん、仕事などで時間がとれず、なかなか、組み立てに至りませんでした。
といいつつも、牛歩のペースながら、チマチマと作業してました。

f0126683_17511538.jpg

車体はタミヤにしては珍しく、箱組方式となっています。
すでにさまざまな雑誌や模型ブログなどで紹介されていますが、
箱組といえども、合いは良好です。

f0126683_1752034.jpg

ですが、良好だからといって、スパスパと慌てて組んではいけないようです。
入念な仮組みをしないと、上面板と左右前面の装甲板とが接する隙間が、
完全に均一にならなくなります。
かくいう私は、慌てて組んでしっかり後悔。
上面板と側面装甲の隙間が均一にならず、結局、エバーグリーンのプラ材を
上面板のふちに貼ってペーパー掛けするなど、
よけいな苦労を背負い込んでしまいました。
トホホです。
これからBTをお作りになる方は、ぜひ、気をつけてください。

f0126683_17383626.jpg

リアのエッチングは専用の加工工具がついており、加工も簡単。
こうした組み立て作業に対する配慮は、すばらしいですね。

そして、キャタピラ。
部分連結式なのですが、こいつがちょっとやっかい。
まずは、押し出しピンの跡が、キャタピラの裏にしっかり残っています。
パテ埋めするにもペーパーがかけづらく、なにより面倒ですね。

しかも、それぞれのキャタピラの合いが、場合によってはキツく(固く)、
ここでも、入念な擦り合わせが必要なようです。

f0126683_17213642.jpg

どうも私はこの部分連結が苦手です。
というわけで、今回は、この部分連結を、あらかじめ、一本につないでおいて、
一気呵成に組み上げてみることにしました。

f0126683_17332172.jpg

キャタピラの合いがどうしてもキツい場合は、
連結部分のリベット状のモールドを、削り飛ばします。
(それでもキツい場合があるんですが)
とにかく、連結部を奥までキッチリ入れ込みます。
(でないと、キャタピラが長くなってしまいます)

また、キツいだけでなく、ヘタをすると、
斜めに連結されてしまうこともあるので、
ここでも、借り組みと調整を繰り返します。

キャタピラを定規に当て、まっすぐにしたら、一気に、流し込み接着剤を、
連結部分につけます。
あまりつけるとモールドが甘くなるので慎重に…。

そして、5分放置。放置時間はもう少し短くてもいいかもしれません。
5分以上放置すると、巻き付けづらくなると思います。
そのあとは、一気にホイルに巻き付けます。

f0126683_17354984.jpg

というわけで、なんとか、うまくできました。

それにしても、このキャタピラ、滑り止めもなく、
悪路走破性に問題がありそうな気がしますが…。

f0126683_17475450.jpg

このBT戦車は、古い戦車ゆえ、意外とぞんざいなデザインです。
(少なくとも私の目には、そう見えます)
ですが、組んでみると、なかなかカッコいい。

このあとは、光透け対策としてシルバーを吹いて、基本塗装に入ります。

そういえば、シルバーのサーフェイサーがガイアノーツから発売されたんですね。
このあたりでは売っていないのですが、今度、
富山か名古屋にいったさいに、買ってきたいと思います。
(すると、それまで、また作業は中断を余儀なくされるのかも…)

まあ、気長にいきます。
[PR]
by noba-kentaro | 2011-06-08 18:05 | 模型

オート三輪を引っ張り出して…

f0126683_2348275.jpg

さてさて、またしても、ものすご〜く久しぶりの記事投稿です。
(忘れた頃にフラッと更新するのが、このブログです。ホントに気まぐれです)

と、そんなコトは置いといて、上の画像は、
我が家の押し入れの中にずっと眠っていた、
アリイの1/32オーナーズクラブダイハツオート三輪です。
正式名称はダイハツCM10Tというそうです。
このキットをはたしていつ買ったのか、もう思い出せないくらいです。

これから先も、ずっと、
このキットは押し入れの肥やしになりそうだったのですが、
先日、ネットで、たまたま昭和のクルマの画像を見ていて、
ふと、無性に、オート三輪のキットが作ってみたくなってしまいました。
(ブログ同様、私のやることなすこと、気まぐれです)

さすがに古いキットで、モールドも部品分割も、
なんだか、のどかさを感じさせるキットですが、
現在のキットにはない、魅力があるともいえるかもしれません。

私の記憶では、オート三輪といえば、マツダT2000が、
断然、印象深く記憶に残っているのですが、
デザイン的に見れば、このダイハツCM10Tのほうが、
よりレトロな雰囲気を持っているように思います。
(まあ、マツダT2000は、このダイハツオート三輪より後発のようですし)

f0126683_2345269.jpg

キットは、ものすご〜く少ない部品で構成されています。
価格も、いまでも600円くらいなんですネ。すごいリーズナブル。
さすがアリイ。ブラボー!。も、庶民の見方です!。

で、そのぶん、足回りなどはド〜ンと省略してあるわけですが、
荷台の側面パネルなどは、まあまあシャープにできていて、
それらしい雰囲気を出しています。
(現時点では、サーフェーサーを吹いてあるのみです)

f0126683_065612.jpg

ただ、キャビン部分は、チトいただけません。
ラジエーターグリルの部分のモールドは、もうすごく甘いですし、
金型もかなり痛んでいるようで、
ルーフやフロントグラスのウェザーストリップあたりには、
かなり傷ができています。
ドアの下部にはヒケもありました。
(一応、ヒケなどはパテで埋め、サーフェーサーかけました)

f0126683_0134540.jpg

荷台の側面パネル上部には、
荷物を固定するロープを引っ掛ける突起がありますが、
キットでは一発モールドされていたので、真鍮線で作り替えてみました。
ちょっとオーバースケールな感じですが、荷物を荷台に載せた時、
実際にここにロープを掛けてみる予定なので、
ちょっと頑丈に、大げさに作ってみました。

ホイルはすでに塗装済みです。

さて、このあとは、車体を塗装して、ウェザリングを施すこととなります。
AFVチックにウェザリングしたいなあ、どんなふうにしようかなあ、と、
あれこれ、妄想を巡らしています。
(妄想だけで終わらないように…。ちゃんと完成させなきゃ)
[PR]
by noba-kentaro | 2009-10-27 00:19 | 模型

地味に進んでいます。

f0126683_201650.jpg

というわけで、チェンタウロのその後です。
地味に…、しかも遅々としたペースですが、制作は進んでいます。

さて、このバイク(実車)では、
シリンダブロックと、その後方に位置するインジェクションとを結ぶ部分に、
短いゴムパイプがあり、そこに金属製のカシメが嵌められているようです。

ですが、キットでは、この部分はカシメ共々、一発モールドで表現されており、
しかも、パーツの真ん中にパーティングラインが横切っているなど、
加工も塗り分けも、いささか難しい状態となっています。

f0126683_2014595.jpg

こちらが、そのパーツです。
黒く塗られた円筒形部分はゴムパイプ部分で、
ここに、カシメが嵌められているのです。

というわけで、なんとか、このカシメの部分を、リアルに作り替えたい。

そう思い、私は、最初、エバーグリーンのプラ材をシルバーに塗り、
円筒部品にくるりと巻き付けようと思ったのです。
が、塗装による表現ではいまひとつ金属管が足りません。
では、アルミ箔を薄く切って巻き付けてみようかとも思ったのですが、
アルミ箔を薄く均等に切り出すのが至難の業です。

そんなとき、ヨメが、まさに絶好の材料を探し出してきてくれました。

f0126683_2095744.jpg

それが、コレ。
ネイルアート用の、粘着材が着いたアルミテープです。
ほぼ1mmほどの幅で、ライン状に均等に切られており、
模型のカシメ箇所にそのまま張れば、リアルな状態に仕上げられます。

というわけで、さっそく、件のパーツに巻き付けるように張ってみました。

f0126683_20171873.jpg

そして、張り付けた状態がこちらの画像です。
まさに、テープの幅がぴったり。
しかも、金属泊だけに輝きもばっちりで、簡単にリアルなカシメの出来上がりです。

ただ、テープの粘着材だけでは、経年変化で剥がれてくる可能性もあるので、
エポキシ接着剤でしっかりと接着しておきます。

そして、エンジン組み上げ、フレーム部分に組み込みます。

f0126683_20223575.jpg

強度も考えて、組付けは極小ネジで行うようになっています。
普段、AFVを作っている時は、ネジ止めによる作業など、まったくといっていいほど、
ないんですが、バイクのキットには、ネジ止め箇所がいくつもあります。

このネジ止め作業は、なかなか新鮮で楽しいものですね。

ただ、エンジンの組み込みは、ちょっと骨が折れました。

f0126683_20232333.jpg

そして、後輪を組み込んだところです。
かなり慎重に作業しなければならないのですが、こちらもネジ止めですので、
強度的には問題ありません。

また、メッキパーツには、ラッカー系塗料のスモークをエアブラシで吹いています。
この作業を行うことで、
プラパーツにおけるメッキの軽薄さを、重厚な雰囲気に変換できると思っています。

ただ、メッキパーツはそのまま使うことにしましたので、
パーツのパーティングラインは、いたしかたなく、そのままになってしまいました。
(ヤスリがけすれば、メッキも禿げてしまうので…)

もっとも、ここ最近、メッキの質感を再現できる塗料もあるとのことですが、
それらは、けっこう高額のようですし、特別なテクニックも必要だといいます。
だいいち、塗装という方法では、いくらがんばっても、
メッキには及ばないように思います。

というわけで、涙をのんで(?)、キットのパーティングラインを、
そのままにしています。



さて、今度は、前輪の組み込みですネ。
やっぱり、バイク模型って、戦車とは違った楽しみがありますネ。
[PR]
by noba-kentaro | 2008-07-10 21:18 | 模型

バイクのキットに昂る。

f0126683_18382091.jpg

もともとAFVモデラーである私…。
とはいっても、ここ最近では、ほとんどまったくといっていいほど、
何も作ってないんですが…。
でも、いままで、買ってくるキットは、装甲戦闘車輛と決まっていました。
(あとは、ボトムズも)

ところが、ある模型屋さんの店頭で見た、
チェンタウロというバイクのキットに、妙に心惹かれ、
先日から、バイク作りに励んでいます。

f0126683_19301897.jpg

とりあえず、いま、この状態まで作業が進んでいます。
何種類かのシルバーを、エアブラシで塗装しました。

ただ、私は、バイクには詳しくないので、もう、ストレートに組んでいます。

f0126683_19334680.jpg

f0126683_1936181.jpg

このバイクはV型エンジンを採用しています。
1/12というスケールは、戦車では考えられない縮尺率ですが、
バイクだとちょうどいいサイズで、同時に、メカニズムの様子もよくわかります。
こうした、エンジンなどのメカニカル部分が露出するのが、
バイク模型の大きな魅力です。

このあたりは、完成すれば、おおいに模型映えする箇所ですね。

f0126683_19393352.jpg

こちらはフレーム部分。
このフレームに、エンジンなどの各パーツを、組み付けて行くことになります。
強度を考えて、極小のビスを使って、
パーツを取り付けていくように設計されています。

ただ、バイクやクルマの模型って、AFVではほとんどありえない、
メッキパーツが、ふんだんに入っているんですよネ。
このパーツは、ゲートあとにヤスリをかけることもできず、
パーティングラインを消すことも、パーツ同士の合わせ目を消すこともできません。

まあ、メッキを落として、ヤスリがけなどの加工を行ったあと、
塗装によってメッキ表現をする方法もありますが、塗料でメッキを再現するのは、
少しばかりムリがあります。

まあ、このバイクは、リハビリ的に作っているので、
細部にはこだわらず、サクッと仕上げてみたいと思っています。
(完成しない病を患う私に、それができるかどうか…)
[PR]
by noba-kentaro | 2008-05-29 19:51 | 模型

T200キャンターの実車、見つけました。

f0126683_235047.jpg

さてさて、このブログ、
ずっと放置状態だったんですが、今回、久々に記事をアップしてみました。

とはいっても、あまりに久しぶりの記事アップのため、
もう、画像のアップの仕方とか、忘れちゃいました。
レイアウトが崩れてしまわないといいんですが…。

と…、そんなことはさておき、
先日、家族で、山奥の公園にピクニックに行ったさい、
昭和50年式の初代キャンター(T200)を、発見しました。

このブログで、以前、フジミの1/32のキャンターのキットを取り上げましたが、
なんと、その実車を発見できたのです。

f0126683_2385088.jpg

静かな村のたたずまいのなかに鎮座するキャンター。
車体後部は、土砂運搬用の特殊な形状のものに変更されているようです。

f0126683_23105088.jpg

すでにナンバーはなく、廃車のようです。
が、搭載されたバッテリーには、マジックで「平成7年」と大書してあるので、
このクルマは、少なくとも、平成7年前後までは可動状態にあったようです。

それにしても、この面構え…。
とっても懐かしいです。
昭和の思い出が、よみがえります。

f0126683_23234498.jpg

バンパーは車体と同色で塗られているようです。
また、特徴のあるV字型のグリルは、フジミのキットではメッキされていますが、
実車は、シルバーで塗装されているようです。

さて、このように、模型作りにおける、究極の資料を見つけたわけで、
今後は、いつでも、フジミの1/32キャンター制作に入れることになりました。
(でも、きっと、キャンターの箱を、ぜんぜん開けていなかったりするのですが…)
[PR]
by noba-kentaro | 2008-05-09 23:57 | 模型

1/32 三菱ふそう「キャンターT200」

f0126683_21402020.jpg

フジミから発売されたトラック「三菱ふそうキャンターT200」を、
先日、立ち寄った富山市の模型店で、買っちゃいました。
このトラックは、昭和50年式。
V字型のグリルがとても印象的で、
私が子供の頃、その勇姿は、町中で、頻繁に目にすることができました。

アイテムとしては、地味かもしれませんが、
私たちの世代の人間には、郷愁を感じさせる逸品です。

価格は、1/32なのに、定価で4,000円を超えるという、
いささか割高な感が否めないものですが、こうして、商品化されただけでも、
実にうれしいかぎりです。

また、このキットには、颯シリーズと銘打ってあるので、
今後、こうしたビンテージトラックが、順次発売されるのでは、と、
期待させてくれます。
フジミさん、この期待を、裏切らないでくださいネ。

f0126683_2141732.jpg
で、肝心のキットですが、部品点数は価格の割にいささか少なめ。
ただ、積載物として、ドラム缶とビールケースのオマケがついてきます。
(なのにビールは付属しないんです。ビールも付けてくれればいいのに)

f0126683_21414630.jpg

f0126683_21421745.jpg
こちらは、荷台部分のパーツです。
繊細なモールドで、好感がもてますネ。

また、組んでみたら、レポートします。
(その前に、GMCカーゴトラックやスコープドッグを作らないと)
[PR]
by noba-kentaro | 2007-08-02 21:45 | 模型

シルバリング対策

f0126683_2253780.jpg

久しぶりの更新ですネ。
じつは、1/48 カーゴトラックの塗装作業は、
先日購入したスコープドッグ製作に邪魔されて、進んでいませんでした。
(次回は、そのスコープドッグの進捗状況をアップします)

で、昨日から、久しぶりに、トラックを引っ張りだしてきて、
デカール貼りにいそしみました。

デカール貼りで問題となるのは、シルバリングです。
このシルバリングが起こってしまうと、
「模型」が、「プラモデル」になってしまうように思います。

しかも、ミリタリーモデルは、つや消し塗装を行うため、
なおさら、シルバリングが出やすいです。

この対策として、私がとる方法は…。

単にデカールの余白ニス部分を、可能な限り、できるかぎり、カットすることです。
(原始的な方法ですが)

といっても、細かい文字の部分は、余白をカットしても、限界があります。
どうしても、ニス部分が残ってしまいます。
このニス部分が、シルバリングを起こす危険性があります。
今回、その対策として、マークセッターやマークソフタ−を使ってみました。
これらを使って、デカールをなじませれば、シルバリングは防げるかもしれません。

で、まずは、ニス部分を極力カットするわけですが…。
ボンネットにつく円形の国籍マークの、余白部分をきれいにカットすることは、
なかなか難しい。

f0126683_225446.jpg

というわけで、サークルカッターを用いて、国籍マークのニス部分を、
カットしました。

そして、貼付け。

f0126683_2255532.jpg

マークセッターはなかなかすぐれもので、シルバリングを、
起こすことなくすみました。ホッとしました。

まあ、余白ニス部分を、極力カットしたことも、
シルバリング発生を防ぐことに、大いに貢献したはずです。
(ただ、余白部分をカットしたデカールは、モノによっては、すごく張りにくくなります)

さて、このあと、タイヤを塗り、地道なウェザリング作業に入ります。
(最終的には、ディオラマにする予定です)


f0126683_2255521.jpg

[PR]
by noba-kentaro | 2007-07-14 23:01 | 模型

カーゴトラック/基本塗装終了

本体の組立を終わって、いよいよ塗装に入ります。
私にとって、塗装こそが、模型を作る上で、もっとも重要で、
楽しい作業です。

このキットのウインドウグラスは、窓枠とガラス部分が、一体パーツです。
まあ、1/48ですから、一体パーツ化されるのはいたしかたないですが、
塗装するさいには、キチンとマスキングして塗らないと、
模型を台無しになってしまいます。

さて、マスキングの方法ですが、
最初は、ウインドウグラス部分にマスキングテープを貼って、
切り抜こうかとおもっていましたが、もっといい方法が!。

f0126683_19425660.jpg

キットの説明書には1/48スケールの塗装解説図面が載っています。
この図面のうえに直接マスキングテープを張り付け、
ウインドウグラス部分をカットします。

f0126683_19435834.jpg

そして、カットしたテープを、部品に張り付けます。
こうすることによって、部品にカッターを入れることなく、ガラス部分を、
きっちり覆うことができました。

f0126683_19444288.jpg

そして、エアブラシで塗装。うまくいきました。

車体の塗装は単色なのですが、いくつかの色を調合して吹き付けてあります。
まず、基本は、オリーブドラブ。
クレオスのラッカー系塗料を吹き付けます。
そのあと、オリーブドラブに、つや消し白、ダークグリーン、サンディブラウン、
の各色を少しずつ混ぜたものを、ボンネットなどの上面に吹き付けます。
こうして、オリーブドラブの褪色を表現しつつ、単調な単色塗装に変化をつけます。
奥まったところは、最初のオリーブドラブが残るよう、丹念に塗っていきます。

f0126683_19452198.jpg

でも、この段階で色の差をあまりつけすぎると、不自然になるので、
控えめに作業します。
写真だと、色の違いがあまりわからないかもしれません。
(しかも、写真は、実際の塗装色より、緑系が強く見えてしまいます)

その後、サンディブラウンを足回りに吹き付けます。

このあと、ウェザリングに入ります!。
[PR]
by noba-kentaro | 2007-06-21 20:04 | 模型

黒い瞬間接着剤

f0126683_22211212.jpg

チマチマと、のろのろと、製作が進むカーゴトラックですが…。
ようやく、荷台の組立が終了しました。

キャビンはすんなり組み上がりましたが、荷台を取り囲む壁面となるパーツは、
突き出しピンの跡がたくさんあり、なおかつ、ヒケもけっこう出ています。

f0126683_22214864.jpg

荷台に荷物を載せちゃえば、ピン跡もヒケも、隠せるんですが、
荷物のすきまからこれらが見えちゃうのもみっともないので、
丁寧に埋めることにしました。

f0126683_22222696.jpg

今回、突き出しピン跡を埋めるのに使ったのが、
この黒い瞬間接着剤。
硬化時間が早く、適度な硬さもあるため、作業がしやすいです。

ただ、粘性が高いので、微妙なヒケを埋めるのには、向いていません。
ヒケの処理には、タミヤのパテを使いました。

そろそろ組立を終了して、塗装に入りたいところです。
(が、また、作業が止まるかも)

f0126683_22225761.jpg

[PR]
by noba-kentaro | 2007-06-13 22:30 | 模型