カテゴリ:AFV( 2 )

1/48マーダー

f0126683_9151672.jpg

放置状態だったこのブログ。
ふと見ると、以前の投稿って、一年近くも前なんですね。
まあ、ブログって、
いったん放置しちゃうと、その後はなかなか書けないモンです。
というわけで、ものすごくひさしぶりに、
コチラのブログに、記事投稿してみます。

f0126683_9192420.jpg

タミヤの1/48マーダー、買っちゃいました。
それにしても、1/35を見慣れているので、
このスケールの模型って、いつも、なんだか新鮮というか、
違和感というか、不思議な気持ちになります。
でも、1/48もラインナップがかなり充実してきたので、いまや、
このスケールも、AFVのスケールのひとつとして定着しつつありますネ。

キットは、さすがタミヤ、という印象を抱かせる、素晴らしいものです。
砲周囲の防盾も、ぴったりと合います。
部品数はすくないながらも、精密感もたっぷりで、
組む楽しみを充分味わうことができます。

f0126683_9254653.jpg

強度が不足していると思われる、
防盾上のバーやポール部分は、真鍮線に置き換えました。
(こうしておかないと、塗装中、破損するかもれないので…)

f0126683_9301168.jpg

離帯(キャタピラは)部分連結式です。
ですが、このキャタピラには、ちょっと手こずったかも。
そのまま組むと、微妙に長いような…。
というわけで、スプロケットの下に来る一部連結離帯と、
アイドラーホイルの下に来る部分の一部連結離帯とを、
指で慎重に曲げ癖をつけ、長さを調整しつつ、
垂れるキャタピラの自然さを出していきました。

f0126683_934406.jpg

下地塗装は、まず、突き出しピンを消すためにヤスリがけした防盾内側に、
ラッカー系のシルバーをエアブラシで塗ります。
この作業は、薄いプラから光が透けるのを極力防ぐためです。
シルバーは光が透けるのを防ぐ色としては、最適だと思っています。

次に、グンゼのサーフェーサーを薄くエアブラシで吹きました。
こういう作業をする時は、リターダー成分を含んだ溶剤を使ったほうがいいですね。
天気がよく空気が乾燥している日だと、溶剤の揮発が早く、思わぬところで、
サーフェーサーを吹いた面が、梨地のようになってしまいますから。

さて、このマーダー、ロシア向けの塗装(デュンケルグラウ)にするのか、
アフリカ向けの塗装にするのか、いま、迷っています。
[PR]
by noba-kentaro | 2009-05-16 09:42 | AFV

スマートキット「3号戦車J型」登場!!

f0126683_17295819.jpg

じつは、フジミのキャンターといっしょに、
ドラゴンのスマートキット「3号戦車J型」も、買っちゃいました。
(実際には、この3号は、ヨメからのプレゼントです。ううっ、エエヨメです)

パンター、4号戦車G(F2)型、と、続いてきたスマートキットですが、
ついに、3号の登場と相成りました。
しかも、タミヤとのバッティングを避けてか、J型をチョイスしてきました。

私が、3号の中で、最も好きなタイプが、このJ型です。
(60口径砲身の増加装甲がない、箱絵のタイプ)
ですので、ほんとうに、うれしい限りです。

f0126683_17303815.jpg

で、肝心のキットですが…。
まず、箱を開けるとパーツがびっしり…。

とはいえ、既発売の3号突撃砲や4号戦車のランナーも一部入っているので、
不要パーツもそこかしこにあるようです。

しかし、3in1と銘打たれた、あのティーガーなどと頃と比べると、
エッチングパーツは少なくなっています。

f0126683_17311881.jpg

モールドは極めて繊細です。
こちらはワイヤーロープのパーツですが、うまく塗装すれば、
このまま、キットのパーツを使うだけでよさそうです。

f0126683_17315764.jpg

フェンダーの裏側にも、バッチリとモールドが入っています。
破壊された車輛を再現するさいには、
このような、普段見えない部分にもモールドが入っていると、
とてもありがたいと思います。

f0126683_17323743.jpg

金属製の挽物の砲身は入っていません。
プラ製のものだけです。
しかし、砲身は一体成形で、スライド金型を使って、砲口を抜いています。

というわけで、まだ組んではいないのですが、
パーツから見ただけでも、すばらしいキットです。

それにしても、ウチには、ずっと昔に買った、
グンゼのハイテック3号J型が、何台かあるんですよネ。
(しかも、パンターも!)

当時は、かなりの高額商品でしたが、がんばって、
たくさん買ったんです。

でも、こんなに素晴らしいキットがドラゴンから発売に成った今、
ハイテックは、これからも、押し入れの肥として、
永い眠りにつくことになりそうです。

はあ〜〜〜(ため息)
[PR]
by noba-kentaro | 2007-08-03 17:38 | AFV