バイクのキットに昂る。

f0126683_18382091.jpg

もともとAFVモデラーである私…。
とはいっても、ここ最近では、ほとんどまったくといっていいほど、
何も作ってないんですが…。
でも、いままで、買ってくるキットは、装甲戦闘車輛と決まっていました。
(あとは、ボトムズも)

ところが、ある模型屋さんの店頭で見た、
チェンタウロというバイクのキットに、妙に心惹かれ、
先日から、バイク作りに励んでいます。

f0126683_19301897.jpg

とりあえず、いま、この状態まで作業が進んでいます。
何種類かのシルバーを、エアブラシで塗装しました。

ただ、私は、バイクには詳しくないので、もう、ストレートに組んでいます。

f0126683_19334680.jpg

f0126683_1936181.jpg

このバイクはV型エンジンを採用しています。
1/12というスケールは、戦車では考えられない縮尺率ですが、
バイクだとちょうどいいサイズで、同時に、メカニズムの様子もよくわかります。
こうした、エンジンなどのメカニカル部分が露出するのが、
バイク模型の大きな魅力です。

このあたりは、完成すれば、おおいに模型映えする箇所ですね。

f0126683_19393352.jpg

こちらはフレーム部分。
このフレームに、エンジンなどの各パーツを、組み付けて行くことになります。
強度を考えて、極小のビスを使って、
パーツを取り付けていくように設計されています。

ただ、バイクやクルマの模型って、AFVではほとんどありえない、
メッキパーツが、ふんだんに入っているんですよネ。
このパーツは、ゲートあとにヤスリをかけることもできず、
パーティングラインを消すことも、パーツ同士の合わせ目を消すこともできません。

まあ、メッキを落として、ヤスリがけなどの加工を行ったあと、
塗装によってメッキ表現をする方法もありますが、塗料でメッキを再現するのは、
少しばかりムリがあります。

まあ、このバイクは、リハビリ的に作っているので、
細部にはこだわらず、サクッと仕上げてみたいと思っています。
(完成しない病を患う私に、それができるかどうか…)
[PR]
by noba-kentaro | 2008-05-29 19:51 | 模型
<< 地味に進んでいます。 T200キャンターの実車、見つ... >>