オート三輪を引っ張り出して…

f0126683_2348275.jpg

さてさて、またしても、ものすご〜く久しぶりの記事投稿です。
(忘れた頃にフラッと更新するのが、このブログです。ホントに気まぐれです)

と、そんなコトは置いといて、上の画像は、
我が家の押し入れの中にずっと眠っていた、
アリイの1/32オーナーズクラブダイハツオート三輪です。
正式名称はダイハツCM10Tというそうです。
このキットをはたしていつ買ったのか、もう思い出せないくらいです。

これから先も、ずっと、
このキットは押し入れの肥やしになりそうだったのですが、
先日、ネットで、たまたま昭和のクルマの画像を見ていて、
ふと、無性に、オート三輪のキットが作ってみたくなってしまいました。
(ブログ同様、私のやることなすこと、気まぐれです)

さすがに古いキットで、モールドも部品分割も、
なんだか、のどかさを感じさせるキットですが、
現在のキットにはない、魅力があるともいえるかもしれません。

私の記憶では、オート三輪といえば、マツダT2000が、
断然、印象深く記憶に残っているのですが、
デザイン的に見れば、このダイハツCM10Tのほうが、
よりレトロな雰囲気を持っているように思います。
(まあ、マツダT2000は、このダイハツオート三輪より後発のようですし)

f0126683_2345269.jpg

キットは、ものすご〜く少ない部品で構成されています。
価格も、いまでも600円くらいなんですネ。すごいリーズナブル。
さすがアリイ。ブラボー!。も、庶民の見方です!。

で、そのぶん、足回りなどはド〜ンと省略してあるわけですが、
荷台の側面パネルなどは、まあまあシャープにできていて、
それらしい雰囲気を出しています。
(現時点では、サーフェーサーを吹いてあるのみです)

f0126683_065612.jpg

ただ、キャビン部分は、チトいただけません。
ラジエーターグリルの部分のモールドは、もうすごく甘いですし、
金型もかなり痛んでいるようで、
ルーフやフロントグラスのウェザーストリップあたりには、
かなり傷ができています。
ドアの下部にはヒケもありました。
(一応、ヒケなどはパテで埋め、サーフェーサーかけました)

f0126683_0134540.jpg

荷台の側面パネル上部には、
荷物を固定するロープを引っ掛ける突起がありますが、
キットでは一発モールドされていたので、真鍮線で作り替えてみました。
ちょっとオーバースケールな感じですが、荷物を荷台に載せた時、
実際にここにロープを掛けてみる予定なので、
ちょっと頑丈に、大げさに作ってみました。

ホイルはすでに塗装済みです。

さて、このあとは、車体を塗装して、ウェザリングを施すこととなります。
AFVチックにウェザリングしたいなあ、どんなふうにしようかなあ、と、
あれこれ、妄想を巡らしています。
(妄想だけで終わらないように…。ちゃんと完成させなきゃ)
[PR]
by noba-kentaro | 2009-10-27 00:19 | 模型
<< タミヤ 1/35 BT-7 /... 1/48マーダー >>